スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【QED御霊将門】高田崇史

QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)
(2009/11/13)
高田 崇史

商品詳細を見る


暖かい春の日差しのなか出掛けた桑原崇と奈々、沙織の棚旗姉妹のお花見は、いつしか日本三大怨霊として畏怖され続ける平将門の名所行脚へと一転。『神田明神』『将門首塚』からはじまり、茨城県そして成田山までを巡りながら、崇によって少しずつ解き明かされていく歴史の謎。『繋馬』の家紋が示唆する驚愕の真実とは

ブログに感想書くために再読しました♪
時期的にも物語と同じ時期ということで、花見したいな~タタルさんの案内で桜の花びらが散る神社でも散策っての面白そうですよね♪
それに、おいしいお酒も飲んで。

実はこの作品が自分にとって、QEDシリーズとの出会いの本でなんですよね。仲良くしてくださってるブロガーさんの記事でQEDシリーズの感想読んでいて、なんか面白そう!!と思って図書館に行ったついでに借りてみたのがこの作品。
こんなに後の作品とは思わず、借りてみたんですが、面白い!!って思って最初の作品から読み始めたとう訳です。

この作品から読み始めたせいか、自分は神山さんは好きな登場人物なんですけれど、これからも出るのかな??

そして、読みなおして思うんですが、この作品はこれより前のシリーズの中では1番安全というか血なまぐさいことはない平和な作品です♪
ストーカー問題はありましたが、まぁ平和に解決しましたしね。

それよりも将門の話をタタルさんにしていただいて、東京に行った時にはちょっといくつか言ってみたいですよね。個人的には平将門は結構好きなんですよね。なんか悲劇の武将ってイメージがあるんですよね~。

再読しても楽しめた作品です
そして、巻末には次の事件へ誘うように熊崎の登場、それには神山さんもまたもや絡んでくるということ。気になります

【評価】★★★

でも、次はなんか血なまぐさい事件が起きるのでしょうね。

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.20 2010 高田崇史 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。