FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【追想五断章】米澤穂信

追想五断章追想五断章
(2009/08)
米澤 穂信

商品詳細を見る


古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃声”の存在を知る。二十二年前のその夜何があったのか?幾重にも隠された真相は?米澤穂信が初めて「青春去りし後の人間」を描く最新長編。

ようやく読んだこの作品。自分がこれまでに読んでいた米澤穂信さんの作品の中では少し雰囲気の違う、けして悪い意味では無いのですが、読み終えた後の気持ちというのが他の作品と違ってそんなに良い後味ではないですね。

可南子の依頼で探していく5つの小説。それに隠された真実が見えてくるにつれて読む手が止まらなくなってしまいます。作品の面白さに読みやすい文章。作者と同年代の自分には少し妬みを感じてしまいますが(笑)忙しい日々の中であっという間に読んでしまいました。

いや~見事です。
最後に隠された真実を知った時、もしやなにか可南子に関係するのかな?もしくは本人も知ってるのではないだろうかと思ったときに。
思わず、大きなため息とともに、凄っ!!って思ってしまいました。

あえてちょっと残念だったな~って思う部分を探したら、笙子のバイトからの撤退の部分、伯父の心の闇とかもっと何か、なんというか、厚みがあったら良かったな~って思いますね。
一瞬、笙子の行き成りの撤退ぶり。なんかホラー小説のように何か真実に触れて危険を感じたのか??と深読みしましたが、その後は・・・・。う~ん深読みしすぎましたね。

それでも、全然楽しめたので、問題は全然ないのですが♪

今年は作品の一つが大作として映画化されますし、一気にあまり本を読まない人にも知られるような作家さんになりおすな感じですが、ツイッターも楽しみにしたいなと思います。

【評価】★★★★

素直に面白かったです。でも、古典部の雰囲気の方が好きかも。あっ犬はどこだもね

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.24 2010 米澤穂信 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。