FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【姜維伝】小前亮

姜維伝 諸葛孔明の遺志を継ぐ者姜維伝 諸葛孔明の遺志を継ぐ者
(2010/03/05)
小前 亮

商品詳細を見る


『三国志』の英雄・諸葛孔明から才能を高く評価され、後継者として国を託された男がいた。その名は姜維。祖国を支え、強大な隣国の侵攻にいかにして立ち向かうのか――。国民的名著『三国志』の知られざるラストシーンを、若手歴史作家の旗手小前亮が描く

三国志好きの自分にとって姜維はかなり好きな武将です。孔明の後を継ぎ義の為に戦ったイメージが凄く強いんですよね。

そんな姜維を主人公にしてるのですから、これは読まないとと思った次第です。

三国志の末期、日本では人気の高い蜀軍も国力も戦力も人材も乏しくなり、どんなに頑張っても最早滅びを目前の中、姜維が一人で頑張っていると思っていたのですが、無理な戦を続けた結果が滅びるの早めたのですね・・・。

ただ、人材が乏しくて若い世代に有能なものが居ないってだけではなかったのが、この本で本当に解りました。魏はやはり人材の宝庫だったんだな~とも。

意外だな~と思ったのが、この本を読んでいると、孔明の内政の評価は凄いのは当然だが、攻撃する戦の才能は意外と低く見ていること。安全策ばかりで臨機応変に欠けると描かれてるんですよね~蜀側の話でそんな風に出てくるとは思わなかったですね。

まぁ実際には、そういう面もあるのかもしれないけれど、実際にもっと有能な武将が蜀にいたら孔明も大胆な作戦とかもあったのではないかな~とも思うんですよね。

もし、姜維がもう少し孔明と過ごす時間が長ければ、もう少し早く生まれてれば色々と違ったのかもしれませんが、歴史物そんなこと言っては意味がないですよね。

ラストのおじいちゃんはきっとあの男だと信じたいな

【評価】★★★

もう少し、恋の面とかも取り入れても良かったのではないかな~なんて思います。

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.25 2010 小説・時代/歴史物 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。