FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【天使と悪魔】アメリカ・2009年

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/04/28)
ユアン・マクレガーステラン・スカルスガルド

商品詳細を見る



監督 :ロン・ハワード

出演 :トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー


宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、バチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが……。


宗教とか良く分かっていない自分。前作も正直難しい所もありましたが、今作はイルミナティというのが初耳で、ちょっとわかりにくいです・・。

なので宗教とか関係なく、ミステリーとして楽しんだという感じですかね。何人か怪しい人物が出て来ます。こいつ怪しいな~、こいつも怪しいな~と思ってるうちに、ドンドン話が進んでいきます。テンポが速く、ドキドキ感があるんですよね。

前作をかなり前に観たので、繋がる部分なったらどうしようと思ったけれど、全くこれはこれで一つの作品なのですんなり入り込めたってのも、面白かった要素の一つですね。

宗教というのは難しくて、なんとも書きようがないのですが、ラストの『宗教も人と同じで欠点がある』このセリフは凄く重い言葉だな~って思いましたね。
もし、欠点が無ければこんなにいろんな宗教があるってわけではないですよね・・・たぶん・・・。

しかし、残念な部分というか、こんなものではないでしょ!って、凄く思うのがあの爆発。もし都市がひとつ消滅する威力なのに、あれだけ??ってちょっと拍子抜けしてしまうのが残念。(こういうのって他の映画でもあるからしょうがないことなのかな?)

でも、そういうの除いても、面白かったですね。
読書も好きな自分ですから、これは前作のも合わせて原作本読まないと!って所ですかね♪(ダヴィンチ・コードも原作読んでいません・・・)

【評価】★★★★

満点ではないのは、やっぱり宗教に理解が少ない自分には難しい点と、あの爆発シーンかな・・・。

しかし、鼠が死体を食べてたのは気持ちが悪かった。


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.28 2010 外国映画・サスペンス comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。