FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【花と流れ星】道尾秀介

花と流れ星花と流れ星
(2009/08)
道尾 秀介

商品詳細を見る


死んだ妻に会いたくて、霊現象探求所を構えている真備。その助手の凛。凛にほのかな思いをよせる、売れないホラー作家の道尾。三人のもとに、今日も、傷ついた心を持った人たちがふらりと訪れる。友人の両親を殺した犯人を見つけたい少年。拾った仔猫を殺してしまった少女。自分のせいで孫を亡くした老人…。彼らには、誰にも打ち明けられない秘密があった。


今の月9の原作が道尾さんなんですね。正直こういうのも書くんだな~って思って少しだけ驚きました。まぁ少しだけってのも、まだそんなに多くの本を読んでいなので。

これで実質3作品目の読書。真備シリーズの3作目にして初の短編集
過去2作品と同じように悲しい雰囲気の作品あり、ハッピーエンドで微笑ましい作品ありと面白かったですね。5つの短編の感想を

<流れ星のつくり方>
ホラーのオムニバスに載っていたので読んだことがあった作品。というか、その時に初めて道尾作品に触れて、読みだすきっかけになったのがこの作品なんですよ。
夜という時間帯というのが、凛が真実になかなか気付かせなかったって所ですよね。こういう、暗い過去があってというのは、前2作品に通じるものがありますね

<モルグ街の奇術>
全体として「ふ~ん」って印象を持ってしまった話。想像するとグロデスクに思える所がホラーらしいというのかな?
ラストは結局見逃してもらったのか?これは解らないところがいいのかな。

<オディ&デコ>
なんとなく微笑ましい作品。でも、今の時代の小学生って色々あるんだね~塾に受験に。
自分は小4の時になんて、少年野球が楽しくてしょうがないってときだったかな^^
自分では気づかないうちに、友人に嫉妬してしまうことってあるよね。本当は好きなんだけれど、友達だからこそ悔しいってこと。そんなこと思いながら取り合えずハッピーエンドで終わって良かった♪でも、道尾(作者ではないよ)は役に立たないと思ってたのかな凛(笑)

<箱の中の隼>
凛のなんとなく不機嫌な理由が気になるけれど、道尾は飛んだ被害を受けたって作品でしょうかね。宗教とか苦手な自分ですが、そんなにドロドロしていなくて良かったな~・
しかし、道尾よ美人に弱すぎるぞ~~!そこが共感もてるキャラになんだけどね(笑)

<花と氷>
なんとも可哀そうなおじいちゃん。正直この作品が過去2作品の真備シリーズの雰囲気に1番近いと思う。心の苦しみがこういったことになってしまったってのが、悲しくて・・・。
凛の持ってるもの、これがあるかぎり道尾は入り込めないね~とも思ってしまう作品。
どうしても、あの時って生きてると思うけれど、後悔だけではいけないってのは本当にあると思うんだよね。

【評価】★★★★

個人的には「オディ&デコ」が好きかな~
こういう最後は平和に追われるのは良いです!真備・道尾・凛の関係が今後どうなっていくか知りたいし、今のまま変わらないで色々事件巻き込まれていって長寿シリーズとなるパターンでも良いから、今後もシリーズだしてほしいです

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.28 2010 道尾秀介 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。