スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【QED 河童伝説】高田崇史

QED 河童伝説 (講談社文庫)QED 河童伝説 (講談社文庫)
(2010/02/13)
高田 崇史

商品詳細を見る



河童が住むといわれる川で、手首を切り落とされた遺体が発見される。さらに片腕を切り落とされた別の遺体が川に浮かび、連続殺人事件の様相を呈してくる。同じ頃、相馬野馬追祭に来ていた棚旗奈々一行は、一人河童の里、遠野まで足を伸ばしていた桑原崇と合流。事件の真相が明らかになると同時に、河童に隠された悲しい事実も解き明かされていく…。


難しい漢字や言葉が出てくることが多いので、読むのが大変なんですけど文章自体が読みやすいのと、やはり内容が面白いので読む手が止まらないのです。
今日休みなので、普通に朝方までかけて一気に読んじゃいました・

今回は河童の謎解きと製薬会社の関係者の連続殺人事件も絡んで来て・・・うん?あんまり殺人事件絡んでいないね・・・。タタルが解決せず自然と不幸な形ではあるけれど解決してしまうんですね~まぁ、殺人に使われたものとかタタルは当てているんですけどね。

まぁ、今回は沙織が何としても奈々とタタルの関係を進展させようと一人で奮闘して空回りしているのが見所ですね。まぁここまで来て、物語の中では最初の事件から3年たってるようですが何も進展してないですから、見ててイライラする気持ちわかります

まぁ、結局は・・・。

河童のことについても、過去の話でこれは川辺に住む人間というのはタタルから習っていましたが、まず地方によって色々呼び名があるのですね~
もう、覚えきれません(皆さんも読んでみてください)でも、やっぱり河童が一番有名ですよね。
まぁそれ以外にも、河童の正体というか実態をタタルに教えてくれる怪しきお爺ちゃんも登場し証明してくれます。

でも、自分は河童は河童のような気がするんですけど、実際はどうなんでしょうかね♪

個人的に好きな禮子が少ししか登場せず、残念でしたが、きっとこれからも登場してくれると信じたいですね。

【評価】★★★

今回はいつも以上に、現代の事件って必要あったのかな?と疑問がありましたが、なければないでさみしいかな


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.04 2010 高田崇史 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。