スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【クドリャフカの順番】米澤穂信

クドリャフカの順番 (角川文庫)クドリャフカの順番 (角川文庫)
(2008/05/24)
米澤 穂信

商品詳細を見る



待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。大人気“古典部”シリーズ第3弾。


先月からコツコツ続けている米澤穂信作品再読祭。またまた古典部シリーズなのですが、好きなのでしょうがないということで(笑)古典部シリーズ好きな方は同じ思いの人もいると思うんですが、この作品がシリーズの中でも1番面白いと思うんですよね~。過去の2作品はこの作品の為の序章のような感じで、例えば連ドラにするのならこの作品がクライマックスで終わらせられますよね♪

最大の魅力は、古典部のメンバー4人のそれぞれの視点で切り替わって話が進んでいくところ。それぞれの感情も見えて面白いんです。あえてデータベースに徹し、結果を求めなかった福部が自分から行動して、まぁある意味敗れ去るのも青春の1ページですね。

個人的にはやっぱり、千反田の言葉を借りれば、ホータローの姉が気になります(笑)3作品目にして日本に帰国しているようですが、海外での旅はどうだったんでしょうか?それに何か姐御肌っぽいのですが、一人で見て回ってる雰囲気、こういう人の周りには知ってる後輩が集まりそうなのですが、どうだったのか?気になります

十文字事件で謎を解いていくのことになるですが、目的はちょっと宣伝目的なのですが、このシリーズらしく誰も傷つくことなく進むってのも平和的で良いですね。学祭でこれぐらいの事件はイベント的で良いですよね♪
高校時代が懐かしく思います。勿論、こういう事件はなかったのですが(他校のヤンキーが乗り込んできて揉めたぐらいかな)やっぱり楽しかったですね。

個人的には、各クラス対抗の仮装&行燈神輿コンテストの準備が楽しかったですね(自分の言っていた高校の恒例のコンテストで交通安全祈願も込めて、学校付近をパレードするのです♪)デザインとかを中心に頑張ったので、やっぱり思い出深いんです。

と、自分の話になってしまいましたが、再読でも面白かったです

【評価】★★★★★

さて、次の再読は勿論、古典部シリーズですね。

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.07 2010 米澤穂信 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。