スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【小太郎の左腕】和田竜

小太郎の左腕小太郎の左腕
(2009/10/28)
和田 竜

商品詳細を見る



ベストセラー「のぼうの城」作者が放つ、新・戦国エンターテインメント第二弾!
少年が、左構えの銃を手にした瞬間、世界は変わる。
一五五六年。戦国の大名がいまだ未成熟の時代。勢力図を拡大し続ける戸沢家、児玉家の両雄は、
もはや開戦を避けられない状態にあった。後に両陣営の命運を握ることになる
その少年・小太郎のことなど、知る由もなかった――。



最後の最後になまら涙してしまいました。自分の左腕、銃を撃つ才能が周りをこんなにするとは思わないだろう。それを知ってしまった時の苦悩とは計り知れないのでは・・・。

人並みになるというのは、喜びもあるが、悲しみも苦しみも知るということ。そこから目を背けずにいたものと、いなかったものがここにはいます。

「のぼうの城」では実在の人物でそんなに有名ではない武将の男義を描いてましたが。今回は雑賀衆などの時代背景に、今の時代のネオ時代小説の代表作ではないのかな。
復讐での一騎打ちなんて、なんかウエスタンって感じです。左利き用の銃だし。

敵方である武将との認め合うからこその心の交流。きっと喜兵衛は苦労がまだまだありそうだけれど、問題なく解決してくれるのか?それとも利己主義な者どもの陥れられるか気になりもしますが、林家とかを従えて盟主になってたらいいな~なんて思ってしまう自分がいます。

しかし、300P以上あるのですが、あっという間に読んでしまいました。最近はあせらずゆっくりと読むようにというか、以前みたいに1日で一気読みするのが少なくなってきているのですが、これは気付いたら終わってしまったって感覚です。それだけ面白かったって所ですね。

真剣に生きているからこそ、、かっこよく生きている男がここに居ます。
この時代には不釣り合いな優しき心の少年が居ます。あの玄太も優しい少年だと思います。だからこそ、幻術に惑わされなかったのでは、そこまで父親を信じれるのは今の時代には考えにくいことかもしれませんね。

【評価】★★★★★

もし現代にこんな身勝手に人を殺すというのは、あり得ないし許されないことなんだけれど、何故か心が熱くなってしまう戦国時代の話、好きです。


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.07 2010 和田竜 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。