FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【ウィッカーマン】2006年・アメリカ

最近の暑さに嫌気がさして来ましたが、札幌在住の自分がこんなこと書くのは本州の人達には怒られますかね??
でも暑いものは暑いのです。

そうなったら、やっぱり怖い系のもの何故か見たくなってしまうんですよね~
怖いんだけれど、ついつい見てしまったり、小説読んだり。今回見たのは丁度ケーブルテレビで放送してたの録画してたので。

ウィッカーマン [DVD]ウィッカーマン [DVD]
(2008/01/23)
ニコラス・ケイジケイト・ビーハン

商品詳細を見る


≪監督≫
ニール・ラビュート

≪出演≫
ニコラス・ケイジ、ケイト・ビーハン、エレン・バースティン


≪内容≫
行方不明の娘を探すために、白バイ警官のエドワード(ニコラス・ケイジ)は孤島サマーズアイルを訪れ、同島で娘が生活していた形跡を発見する。しかし、島民たちは娘の存在を否定し、真実を語ろうとはしなかった。秘密めいた島民たちと外界から閉ざされた孤島で捜査は難航するが、エドワードは島にまつわる驚がくの事実を発見する。


≪感想≫
衝撃的映像に出てくるようなシーンから始まっていくオカルトホラー。車を離れた瞬間にトラックが車に突っ込んでくるんですよ!
いや~何がこの後に待っているのか??ドキドキの展開ですよね。最初からこうだと。

この衝撃的なことから少し病んでしまう警官をニコラス・ケイジが演じているんですが、なんか個人的にはハマってるきがするんですよね~。なんというか、なんか心の病にかかって酒に溺れたり、ドラッグにはまったり。

まぁ今回はそんなときに、元婚約者から手紙が来て娘が行方不明になったから探してほしいって来るんですよね~。こういうジャンルの映画を観てるのですから当然自分は行ったら死んじゃうよ!って、思いながら観ているのですけれど(笑)

この時代に個人所有の島があって、そこに行く手立てがない
そんなところがあるのかな??と疑問に抱きつつも、怪しい雰囲気の島に辿り着くんですね~。大半が女性!!子供からおばあちゃんまで、少しは男もいるんだけれどハーレムって感じではないんです(笑)

そんな中で孤軍奮闘するニコラス・ケイジ。なんか走ってる姿は中年・・・(年齢的にそうなんだけどね・・・)

リリー・ソビエンスキーの存在は微妙な所でありますが、最後で少しはわかったかな・・・たぶん・・・。
意味あるのかな~あのオチなら別にハンターは一人でもいいような気もするのだけどね。まぁ綺麗だから良いか!!

ただ、この映画をする上には少し『ウィッカーマン』について知っていた方が楽しめるのかな??ネットで調べたところ古代ガリアで信仰されてたドイルド教の人身供養の一つのようですね。そのままのことをやっているので映画を観てくれればわかりますよ

しかし、ニコラス・ケイジ。主演はともかく、製作にまで名を連ねて余程この映画を思いれあったのかな?カルト映画のリメイクですからね~好きだったのかな。


≪asa的お薦め度≫
★★(5点満点)



↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.22 2010 外国映画・ホラー comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。