FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【暴雪圏】佐々木譲

最近の札幌は雨で肌寒かったり、30度近くまで気温があがったり、こういうのを蝦夷梅雨というのでしょうか?ちょっと体調管理が難しい数日間です。
本日は鰻でも食べて栄養補給といこうかなと思います♪そんな今日に読み終わった本は『暴雪圏』最近は警察物それも北海道警察をあつかった作品が定着しつつある北海道出身佐々木譲さんの作品!面白かったです♪では感想を。

暴雪圏暴雪圏
(2009/02)
佐々木 譲

商品詳細を見る


≪内容≫
最大瞬間風速32メートル。十勝平野が十年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。それぞれの事情を隠した逃亡者たちが辿りついたペンション・グリーンルーフで、恐怖の一夜の幕が開く。すべての交通が遮断された町に、警察官は川久保篤巡査部長のほかいない―。


≪感想≫
札幌に住んでいるのでここまでほとんど経験のない自分ですが、もちろん道産子容易に想像は出来ます。作品にも出てくるのですが本州は桜の季節になった頃に北海道は最後の最後に大雪が来るとわかっています!もしこなかったら4月も油断できないな~って思ったりもする自分でもあります。この作品には歴史的な春先の大雪、所謂、彼岸荒れ(自分も含めて30代前後より下の世代はあまり言わない言葉ですが)の中にいくつもの事件が交差して暴走し始めるのです。

出会い系での不倫・会社のお金の横領・義理の父からの性的虐待からの逃亡そして暴力団組長宅での強盗殺人。
北海道の1地方それもそんなに大きくない町でこんなに事件が複数繋がるのかな??って思ってしまいますが現代の事件どこにでもありそうな不倫だったり横領も交じっているから大きな違和感とかは感じませんが。

意外と人間って強いんだな~って思いますね。
だって、閉じ込められたペンションで殺人犯に脅されながらでも、ちゃんと食事するんですもん。そりゃ、なまら!ってほどの大雪の中で一晩過ごすのですから体力は大事なはわかります。でも、自分にそんな強さがあるのか??心配です(まぁこんな事件に巻き込まれることはないと思いますが

ラストは、こういう風に走っていくのか~!!って感じですね・
どうしてもハッピーエンドが好きな自分。この終わり方は自分にとっては悪くない!いやご都合主義と言われるかもですが、好きですね♪
道警シリーズでもそうですが、佐々木譲さんってこうやっていくつかの事件を上手くまとめていく描写は上手いな~。うまい具合に繋がったねって読んでて思ってしまいますもん。というかどういう風に繋がるかが読んでいて楽しくなってきます♪

で、読んでから知ったのが、『制服捜査』が先の作品になるのですね・・・読まねば。

大自然の猛威の前では人間は何もできませんね。
そうして、この話颯爽と活躍する刑事はいません。職務に忠実な警察官が最後においしい所を持っていきます(笑)


≪asa的お薦め度≫
★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.26 2010 佐々木譲 comment1 trackback(-)

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.07.27 09:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。