スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【間宮兄弟】江國香織

仕事も終えて夜になって気付いたことが、日中は相変わらず暑いけれど、夜は少し気温が下がってきた気がします♪やっと寝苦しい夜も無くなってくるのかなと嬉しくなります。そして北海道は一足早く秋になるのです♪読書に良い季節がやってきますね。
今日読み終えたのは、映画が地味に好きな『間宮兄弟』映画は映画で、原作は原作でそれぞれ良さがあるんだと気付きました。

間宮兄弟 (小学館文庫)間宮兄弟 (小学館文庫)
(2007/11/06)
江國 香織

商品詳細を見る


≪内容≫
兄・明信、35歳、酒造メーカー勤務。弟・徹信、32歳、学校職員。2人暮らし。読書家、母親思いで、マイペースで人生を楽しむ兄弟だが、おたくっぽいと女性にはもてない。一念発起で恋人をつくろうと、徹信の同僚・依子と、ビデオ屋の店員・直美を誘って家でカレー・パーティーを開く。不倫の恋に悩む依子は兄弟には興味なし。明信は直美をデートに誘うが断られる。その後徹信は、明信の同僚・賢太の妻・沙織に心惹かれるが冷たくふられる。しかし、直美の妹・夕美は徹信に興味を持つ。そして、兄弟の純粋な感性は次第に女性たちの心を動かすことになる……。“


≪感想≫
ルックスは冴えず、30過ぎても独身・・・もしかして自分?いやいや自分はこんなに兄弟仲良くないぞ(笑)映画が結構好きな作品で原作初読みです。
もうねイメージがついてて兄は佐々木蔵之介・弟はドランクドラゴンの塚地のイメージが凄く強くなんか読んでいて絶妙なキャスティングだったのかなと思いますね~かなり豪華メンバーだったしね。

原作では映画ではそこまで描いていない間宮兄弟の周りに女性の感情をしっかり描いてる気がします。直美がもしかしたらどこかで間宮兄のこと・・・や、依子の感情など凄くわかるんですよね、そういうところが上手くていいな~テンポよく主観の人物も変わるので(おもに兄弟で)あっという間に物語が進んだ気がします。弟の猪突猛進ぶりの肩思いは気持ちが良いな~良いぞ!非草食系男子と言いたくなります♪

この兄弟、自分と趣味が似ているんですよね~
映画が好き、読書も好き、旅行も好き、いや~自分どれも好き!兄はお酒もいけるしスコッチのうんちくを語るのに憧れてるのもなんとなく気持ちわかる!!(映画にはなかったよね)

なんか、現代に母親をこよなく愛し、兄弟仲良すぎるっていうと少しきもち悪い気がしますが、この間宮兄弟は何か違うんです。
何処が魅力なのかわからないけれど、きっとなんか、人から見るとオタクっぽいが、自分を好きで、でも他人に卑屈になどなっていない。そして純情なこの兄弟を自分は友達にほしいです!

流石、江國さんと思ったのは、弟は風俗に適度に通っていたり、兄も1度行ったことあったりそういう所も嫌悪感抱かせずサラっと書いちゃってるんですよね~悪くないですよね♪


≪asa的お薦め度≫
★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.19 2010 小説・その他 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。