スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【砂漠】伊坂幸太郎

10月といったらもう秋ですよね。北海道はまぁ冬への短い準備期間と言うのでしょうかね。そろそろ今年のコートとか買わないとなとか考えているところです。今月は色々出費が激しそうで懐が・・・。今月最初の感想は読書感想からです。いつも図書館で借りるのが多い伊坂作品。文庫で気になるのがあったので買っていたんですね~危うく忘れるところでした・・・。

砂漠 (新潮文庫)砂漠 (新潮文庫)
(2010/06/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


≪内容≫
「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。パワーみなぎる、誰も知らない青春小説



≪感想≫
西嶋最高です!なぜそんなに自信を持って生きれるのか?過去にイジメられていたと自分で言うけれど、されは世間でいうとイジメだけど西嶋にとってはそうではなっかったのではないのでは?と思ってしまいますね。

平和の為にピンフであがるのにこだわるなんて・・・麻雀良くわからない自分にもなんとも笑えます。

そんな西嶋を中心に(中心でいいよね)個性派の面々。きっと超美人なんだろうなと思うクールビューティーの東堂、良い奥さんになるよ南ちゃん、陽気な鳥井最後になったけれど主人公で理論的に冷静な北村。基本モテそうな面々。西嶋も設定では外見良くないのかな??でも自信あふれる男はモテるよね。

そんな5人の大学生活を卒業まで大小様々な事件をテンポ良く描かれています。(淡々と、と言う人も多いようですが、自分はそんな風に感じませんね)
なんかね、北村の各章の締めくりの言葉が自分に思い出を語ってくれている感じがして、なまら良いのです♪読んでいて、いきつけのBARで読みたくなってきます、何故って聞かれると上手く言えませんが、そんな気持ちになるのです(笑)

ちょっと悲しい事件もありますが、この5人+鳩麦さんにはいつまでも仲良くいてほしいな~。年に何回か飲んだりして、そこで西嶋の意味不明な壮大な話を聞いたり、思い出話に盛り上がってほしいな~。

無駄なことが多いけれど、それって若者の特権だよね。砂漠に出る(社会に出る)前はそんな時間が一杯あって良いと思うんですよね~。でも、社会人になっても意外とできるもんですけどね(笑)でも、こんな時代は帰ってこないのですから。

ちょっと羨ましくなりながら、微笑ましくしてる間にあっという間に読み終えてしまいました。流石、伊坂さん読みやすいです♪

なんか、学生時代の友人と飲みに行きたい気分です。



≪asa的お薦め度≫
★★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.01 2010 伊坂幸太郎 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。