スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【書店員の恋】梅田みか

3連休も明日で最後ですがこのブログを読んでくださってる方は如何お過ごしでしょうか。自分は仕事!って、感じですが、もう少しで給料日なので、あの本を買おう!とか、ちょっと出かけたりする時の鞄がほしいな~って思いながら、読書という楽しい時間を過ごしております♪今回読んだのは、はじめましての作家さん。きっと女性の方は好きな方が多いのでしょうね。

書店員の恋書店員の恋
(2008/10/23)
梅田 みか

商品詳細を見る


≪内容≫
どんな本も、その一冊を必要とする人がいる。誰にでも、その人を必要とする人がいる。主人公は、大手書店チェーンに勤める今井翔子(26)。入社6年目にして文芸コーナーを任せられた、書店員の仕事が大好きな女性。ファミレスの厨房で働く同い年の水田大輔という恋人がいる。彼は翔子のことを真剣に考えているが、今は、心の余裕もお金も将来の展望もない。そこに現れるのが、ケイタイ小説のベストセラー作家で歯科医師の青木譲二(35)。サイン会の打ち上げをきっかけに、翔子に好意を抱きはじめる。セレブの譲二か、先が見えない大輔か……揺れ動く翔子。そうした翔子の恋と仕事の悩みを中心に、短大時代からの親友や同僚がおりなす人間模様。
そして、最後に翔子が選んだ愛とは? お金がなくては生きていけない? でも、お金では幸せになれない? 女性の生き方、本当の愛について問う話題作。思わず涙が溢れてきます。


≪感想≫
何がこの本を読むのに惹かれたのかというと、“書店員”という文字です。
1時間2時間といても飽きることがない本屋。そんな素敵な場所で働く女性の恋とは?
それがなまら気になって手を取ってみました。(1番は読書メーターで仲良くさせて頂いてる方が読んでいたのがきかっけなんですけどね)

といっても。読んでみると別に書店員ってのが売りってわけではなく、普通の恋愛小説。そこには仕事に恋愛に悩んでいる一人の女性と素敵な人生の先輩に同じように色々悩みを抱える友人がいる、頑張っている女性の恋愛話でしたね。

女性の方は、この話をどう読むんでしょうかね~。こんなの物語としての綺麗事ととらえるのか?こんな恋にあこがれるのか?それとも、こういうこともあるよねと感情移入出来るのか?う~ん、男の自分には気になる点です。

自分としては、こんな理想的な男・・・いや、都合の良い男かな?そんなのがいるか!!って、ツッコミ入れたくなりますが、まぁ、ここは物語だからヨシ!としますか(笑)

ページ数的にも、程よいページ数なので丁度良い読書ではありました。
まぁ普段読まないような作品をたまに読むのも良いですね。って、感じで♪



≪asa的お薦め度≫
★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.10 2010 小説・恋愛 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。