スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【ゴールデンスランバー】2010年・日本

師走という言葉が本当に当てはまるこの12月。やっとの更新ですがこのブログ忘れられないようにしないと・・・。
で、久々にまとまった時間が取れたってことで観よう観ようと思っていた作品をようやく観ることが出来ました~!!さぁ、観たのはこの作品です。

ゴールデンスランバー [Blu-ray]ゴールデンスランバー [Blu-ray]
(2010/08/06)
堺雅人、竹内結子 他

商品詳細を見る


≪監督≫
中村義弘

≪出演≫
堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳、香川照之


≪内容≫
首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。銃を構えた警官たちから、反射的に逃げ出す青柳。本人の知らない“証拠映像”が次々に現れ、青柳は自分を犯人に仕立てる巧妙な計画が立てられていた事を知る。青柳は大学時代の友人たちに助けを求めるが…。


≪感想≫
きっと原作を読んでいる人も多いだろうな~って思いながら読んでいません。元々伊坂作品を読み始めたのが非常に遅くそんな中他の作家にハマってしまい結局数冊しか読んでいないんですよね~。映像化が続いてるわけですから早めにもっと読もうと思っているのですが、まずはこの原作を読まないとな~。

さて、映画の話をしないとね
堺雅人さん最近の活躍凄いですよね。未だに自分は大河ドラマの篤姫ではなく、新撰組のイメージが強く残っているのですが、この映画では走る走る!勝手なイメージですが運動神経悪そうな感じなんですが(笑)

しかし、日本のオズワルドに仕立てられてしまう青柳。オズワルドの謎は解けていませんが、国の権力者であろう人物が罠にはめたというか、自分の野望の為にたまたま青柳を捨て駒にした。ただ、捨て駒にされるには接点が全くないただの一市民なのに。
結局は黒幕は出てこないけど、きっと悪そうな感じのあの政治家なんだろうな~って、ほんの少ししか出ていないけど想像してしまいます

いろんな理不尽の中。彼は人を信じることを忘れずにいる。ここが凄い!!
こんなわけのわからないことで指名手配なんかされてしまうと猜疑心に覆われてしまいそうなんだけど彼は最後まで信じたものは信じる心なんだよな~。親が友が彼が犯人ではないと信じるのは、こういった彼の信念を知っているからかだろうね。

普通に生活しているのが実は誰かに操作されていたら
あの出会いは実は・・・とかね。約140分って映画だと長いけどそれでもあっという間に思わせるほどのスピード感。

結末は観てる人それぞれで良い悪いと分かれそうだけど、自分はありかな~
最高のハッピーエンドではないけど、それまでのことを考えるのならね♪

そうして、自分は濱田岳くんにこの映画のなかで最高に良いキャラだったと言ってあげたいほど良かったな~結局なんなんだろう??って、ハテナな部分が多いのも結構好きです

久々の休日、この作品を観ただけで良い日になったかな
仕事落ち着くまで(いつ落ち着くのか)更新遅いかもですが頑張って更新していきますのでお忘れなく


≪asa的お薦め度≫
★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.23 2010 日本映画・サスペンス comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。