スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【田村はまだか】朝倉かすみ ●1●

新年明けてふと思ったんだけど、札幌雪が少ないぞ!!
あれ~例年だと12月雪少ないな~って思っても年末年始でドカ雪とかあって結構雪積もってくるんだけど積雪がほとんどないです。う~ん、来月の雪まつりは大丈夫なのかな??って、思う反面、雪が無くて過ごしやすいな~って思ってしまいます(笑)
そんな中今年最初に読んだ本はこの作品です♪


田村はまだか (光文社文庫)田村はまだか (光文社文庫)
(2010/11/11)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る


≪内容≫
深夜のバー。小学校クラス会の三次会。四十歳になる男女五人が友を待つ。大雪で列車が遅れ、クラス会に間に合わなかった「田村」を待つ。待ちながら各人の脳裏に浮かぶのは、過去に触れ合った印象深き人物たち。今の自分がこうなったのは、誰の影響なのだろう―。それにつけても田村はまだか?来いよ、田村。人生にあきらめを覚え始めた世代のある一夜を、軽快な文体で描きながらも、ラストには怒涛の感動が待ち受ける傑作。


≪感想≫
タイトルだけ読むとなんじゃ???と思うんですが、読み終えた後の感想は感動した!って、感じです。

朝倉さん作品では定番なのかな?札幌が舞台。もう『声出していこう』以前に読んださいにこちらも札幌が舞台でしたが、この作品はさらにススキノにあるスナックが舞台となっている。これだけで自分的にはポイントUPですよ(笑)

同窓会の3次会で飲んでいる男女5人。彼らは遠方から遅れてやってくる田村を待っている。連作短編6編からなるんだけど、待っている間にまずは田村の思い出話で盛り上がり、その後は各々の回想の話を。でも回想の話は小学時代の話ではなく、最近のことであったり、新入社員のことであったり。

彼らの人生にも色々あり、田村を待っている理由もそれぞれあったり。
逆にスナックのマスターも話を聞いていて田村が来たらビールをおごることを心に決めていたりして、合言葉は「田村はまだか」となってしまう。マスターも色々あったようだし。

彼らの中では“田村”と過ごした時代というのは心が清らかな時代だったのだろう
だから“田村”に過去の良かった頃を重ね合わせているのだろう。そして“田村”のあの強さ・優しさも変わっていないと信じているのだろう。

だが、田村は中々やってこない
焦らして、焦らして、それでも尚焦らすのだ。読んでいて何時登場するんだよ!ってツッコミ入れたくなるほど自分も物語に引き込まれてしまっているんですよね~。

さて、田村はどのタイミングで登場するかは是非読んで確認してほしいな~
きっと彼らはこれからも「田村はまだか」と笑って飲んでいそう♪

30歳を超えてる自分、まだ登場人物たちの年齢よりは低いと思っているけど、同窓会で誰かに会いたいとか思ったことないけど、こういう集まりってちょっと良いな~


≪asa的お薦め度≫
★★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
.05 2011 小説・その他 comment2 trackback(-)

comment

ほっそ
こんにちは。あちこちのブログで、見かけるタイトルですが、未読です。
図書館で探そうかな。
2011.01.25 20:41
asa
そうですね~いろんな方がブログで紹介していますよね~
自分も実はそれで気になって、そして薦められて読んだんですけど面白かったですよ~
文庫もありますし、是非図書館で借りて見てほしいです♪
2011.01.25 21:54

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。