FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【三国志 第1巻】北方謙三 ●4●

KARAのアルバムを買っている自分ですが、今回の騒動なまら心配中。見逃したけど連ドラも始まりここからさらに人気も!って思っていたのですがこれは今後どうなって行くんでしょうかね。

さて、仕事の激務の中長編シリーズに手を出してしまいました。
試しに第1巻を買ったのですが、月1ペースで行こうと思っていたのですが、月2冊ペースで読んでいこうかな~。

三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
(2001/06)
北方 謙三

商品詳細を見る


≪内容≫
時は、後漢末の中国。政が乱れ賊の蔓延る世に、信義を貫く者があった。姓は劉、名は備、字は玄徳。その男と出会い、共に覇道を歩む決意をする関羽と張飛。黄巾賊が全土で蜂起するなか、劉備らはその闘いへ身を投じて行く。官軍として、黄巾軍討伐にあたる曹操。義勇兵に身を置き野望を馳せる孫堅。覇業を志す者たちが起ち、出会い、乱世に風を興す。激しくも哀切な興亡ドラマを雄渾華麗に謳いあげる、北方〈三国志〉第一巻。


≪感想≫
三国志特にこの北方三国志は女性に人気があるのかなと思う位読んでいる友人・知人は女性が多いのですよね。やはり強い男に憧れるってことですかね。

第1巻ではあっさりと黄巾の乱が終ってしまい、孫堅のカッコイイ散り際までとたった1冊としては一気に話が進んでしまいます。でも、短いとは思いません!
そして、魏・呉・蜀を立ち上げていくことになる英雄たちの心情が上手く描かれているんですよ

劉備は少し短気な面があったり、曹操は厳粛な将軍を演じていて、でも野心に溢れていて孫堅は孫策・孫権のかっこいい父親であったり(ちょっと他の作品より美化されてる感もありますが)それぞれ英雄となっていくまでまだまだの段階。どうしても三国演技がメインの日本では劉備が主人公に成っていますが、曹操も孫権も主役級と成って行くんだろうな~と想像できます

劉備のカ~っとなった時の抑えれない気持ちの部分は後年の劉備の死に関する布石なのではないのかな??

全13巻でありますのでまだまだ序盤ですが、序盤のメインである黄巾賊と三国志の中で1番の悪人であろう董卓の栄華の全盛まで出てくるので濃いこと

でも、この序盤であるヒロインの貂蝉が出てこないのはさびしい限りです・・・。
悲劇の女性の話はあえて外したってことでしょうかね

しかし、今こんな時代だからこそこんな男たちの野望溢れる人物像に触れるのは良いのではないでしょうか。なまらカッコイイのです!

しかし、ここまで面白いとは正直思わなかったんですよね
勿論三国志関係は少しは読んできているので、内容も多少知っているし、ゲームも好きだし、でも読む手が止まらなかったです。

取り合えず、コツコツとマイペースに夏までには読み終えるようにします!(夏かよ!)


≪asa的お薦め度≫
★★★★(5点満点)


↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.19 2011 北方謙三 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。