スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【告発のとき】アメリカ:2008

告発のとき [DVD]告発のとき [DVD]
(2009/01/07)
トミー・リー・ジョーンズシャーリーズ・セロン

商品詳細を見る



監督 :ポール・ハギス

出演 :トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン


2004年、ハンクの元に息子のマイクが軍から姿を消したと連絡が入る。イラクから戻ったマイクが基地へ戻らないというのだ。ハンクも引退した元軍人だった。息子の行動に疑問を持ったハンクは基地のある町へと向かう。帰国している同じ隊の仲間たちに聞いても、皆マイクの行方を知らなかった。やがてマイクの焼死体が発見されたという連絡が入る。ハンクは地元警察の女刑事エミリーの協力を得て、事件の真相を探ろうとするが…。


ここ数年。イラク戦争に関する映画というのは結構出てきてますね。自分もいくつか見ていますが、その中で帰還したものをあつかったものに共通するもの、それは帰還しても日常生活に戻れないで苦しんでいるのである。

この作品は戦争と狂気の中から帰還した兵士の問題をあつかってる
それも実話をもとにして・・・
だから、これはただのサスペンスではないのです。

息子の死の真相に近づくにつれて、なんとも言えない気持ちになってきます。
狂気の中で生まれたのは狂気でしかないのか?
捕虜への虐待・ドラック中毒になったり、でも、事件が起きても隠そうとする軍。

黒人兵士のあのつぶやき、イラクに戻りたいというセリフ
他の帰還兵をあつかった映画でも聞くセリフ。狂気の中で過ごした物は、日常に戻れなくなってしまうのか?PTSDだけではないような気がする

今もなお続くイラク戦争、アメリカ兵士の死者も4000人超えたという
というか終わりは見えているのだろうか?
こういうとき自分も含めて日本人というのは恵まれているのだなと思ってしまう。

しかし、ポール・ハギスは良い映画作りますね。全作品は『クラッシュ』良い映画でした!製作でも『ミリオンダラー・ベイビー』もやり、『硫黄島からの手紙』では製作総指揮ですか・・・脚本もこなし、今後も楽しみです

【評価】★★★★

シャーリズ・セロンも好きな女優さん。こういった気の強い女性役に会いますね。
朝から見る映画にしては重たい内容ですが、良い映画でした。
(こういう作品に面白かったとは言いづらいので、良い作品でしたという表現になってしまいます)

↓クリックしてくれると嬉しいです♪励みになります!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.13 2010 外国映画・サスペンス comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

asa

Author:asa
本を読むこと、映画を見ることが好きです。
自分なりに感想をブログにて書いていきたいと思ってます。駄文ですがお付き合いしていだだけると幸いです♪お気軽にコメントくださいませ

初めてブログ見られる方はカテゴリーの中のご挨拶というところを最初に見てください。

ランキング

1日1回クリックしてくれると嬉しいです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

asaさんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。